So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
アクアリウム ブログトップ
前の10件 | -

エンゼル産卵 - その後 [アクアリウム]

え~と、だいぶ長く休んでしまいました。
残暑が厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。?
ラニーニャ現象はまだ続くのでしょうか……。
bfieldはたまにばてたりしています。

さて、エンゼルフィッシュの卵なんですが、孵化しませんでした。
その後も産卵はしたものの、孵化しませんでした。
残念ですが、次のチャンスを待ちます。

ところで先日、近くのホームセンターでエンゼルフィッシュが稚魚を育てているところを観ました。
稚魚がとても小さいので、どこにいるのか最初は分からなかったほどです。
しばらく観ていると、親が稚魚を食べているではないですか……。
と思ったら、水草から離れてしまった稚魚を口に入れて水草のところまで移動させているだけでした。
ますますエンゼルフィッシュが好きになりました。

エンゼル産卵2日目 [アクアリウム]

さて、エンゼルフィッシュが産卵して二日目になりました。
飼育体制をいろいろと考えたのですが、エンゼルフィッシュのペアと卵を別の水槽に移すといらぬストレスを与えてしまうのではないかと言う懸念から、同居の魚達を別の水槽に移すことにしました。

ちょっと過密気味ですが、我慢してもらおう
エンゼルフィッシュ産卵2日目 005e.JPG

目算で200個以上あるように見えた卵ですが、たぶん半数くらいが白くなってしまいました。
それでも100個近くあるのですが、どのくらいが稚魚になるのか楽しみです。
エンゼルフィッシュ産卵2日目 002e.JPG

エンゼルフィッシュよ、おまえもか [アクアリウム]

ブログに書くのを怠けていましたが、2週間ほど前にチャームでエーハイムの60cm水槽が1400円で売られてたので購入。エンゼルフィッシュ、グラミー、グッピー、プラティーなどを入れて飼いはじめました。

エンゼルフィッシュ産卵 001e.JPG

グッピーとプラティーの稚魚にはほとほと困っているので、雄と雌は分けています。
それで一安心していましたが、こんどはエンゼルフィッシュが産卵しました。
抱卵していることにさえまったく気が付かなかった。

エンゼルフィッシュ産卵 003e.JPG

何で給水パイプなんでしょうね~。
それでもエンゼルフィッシュの親は交代で卵に水を吹きかけています。
関心関心。人間の親よりも面倒見がよかったりして(最近のニュースを観ていると……)。
エンゼルフィッシュ産卵 015e.JPG

産卵しているのを発見したのは娘です。
水槽の中で起こっている異変をいち早く発見するのは娘なんです。
すごい観察力……。

エンゼルフィッシュに威嚇されて端に追い立てられている方々(笑)
エンゼルフィッシュ産卵 009e.JPG

卵は3日前後で孵化するらしいのですが、受精していないものは白くなってカビてしまうようです。
エンゼルフィッシュは稚魚の面倒見がとてもいいようなので、その様子を観察したいなぁ~。
35cmの水槽が余っているのでそちらに移動させようと考えています。

でも、エンゼルフィッシュって、でかくなるから幼魚になった時点で大問題だね。
どうしようかな。

またまた生みやがった [アクアリウム]

昨日に引き続き、デブか妊娠か分かりにくかったプラティを産卵箱に入れておいたら……。
なんと89匹も生みました。

どうすんのよ。

開き直って(^_^;
今、存在確認できている稚魚を数えてみよう!
◇ グッピー
1: 3匹(これは稚魚と言うよりも幼魚といえるほど成長しました)
2: 1匹
3: 8匹
4: 50匹
合計: 62匹


◇ プラティ
1: 56匹(その後、数が減って40匹くらい?)
2: 89匹
合計: 約129匹


全部で約191匹です。

この35cm水槽には約188匹稚魚がいる筈です。
分かりにくいかな~。
babies 188.JPG

全部成魚にしたろか!
失礼、ちょっと切れました。

閑話休題。

ゴールデン・ダイヤモンド・エンゼル
boss.jpg
この方、いつもこちらを見つめて餌を要求しています。
よく食べるためか成長が早く、以前は後に見えるダイヤモンド・エンゼルと同じ大きさだったのに、こんなに差がつきました。

水槽に指を入れると、突っついてきます。
それで、ボスと名づけました。



追記:
舌の根も乾かぬうちに、プラティの稚魚は4匹☆になりました。
やっぱり生む数が多すぎるんだろうな~。
これでプラティは125匹になりましたので、合計は187匹です。

また生みやがった [アクアリウム]

汚い言葉が出てしまった……。

今日、グッピーが出産しました。
グッピーの雄は前回雌が出産する前に謎の死を遂げているのですが、何故か妊娠してしまいまいした。

卵胎生メダカの生態は知りませんが、二回に分けて出産するということがあるのでしょうか?
その上、前記事で紹介したプラティまでお腹が大きくなっている……。
プラティにこれ以上生ませないために雄を別の水槽に移したので、妊娠(たぶん)するとは思いませんでした。
卵胎生メダカは謎だ!

そうそう、グッピーが生んだ稚魚ですが、なんと50匹です。
プラティよりも小さいグッピーがこんなにたくさん生むとは、ある意味すごいことです。
さすがにこれ以上は妊娠しないと思うのですが(^_^;



プラティの稚魚がどうなったかというと、だいぶ数が減って40匹位になりました。
この稚魚はとても成長差が激しく、五倍くらいの体格差があります。
小さいものは生まれたときからあまり成長していません。
その中から☆に成る個体が出てきているようです。
それに比べるとグッピーの稚魚は安定して成長しています。
まあ、たまたまなのかもしれませんね。

それを考えると、今回生まれた50匹は安定して成長する筈なので……。
将来のことは考えたくありませんが、60cm水槽を追加する必要が出てくるかもしれません。
いずれにせよ、卵胎生メダカは雄と雌を別々に飼ったほうが良さそうですね。

え~と、ついでに薀蓄を。
カクレクマノミなんですが、これは生まれたときすべて雄なんです。
グループの中から強い固体(大きな固体)が雌に変化します。
だから卵胎生メダカのように雄と雌を別々にするという方法は採れないようです。
ただし、こちらは環境を調えないと産卵しないようですが。
ただでさえ海水魚を殖やすのは難しいことのようです。
その中ではカクレクマノミを殖やすハードルは低いらしく、自宅の近くの海水魚屋さんでは大量に増やしてます。
まあ、プロと同格に考えることはできませんが、カクレクマノミには産卵してもらいたいな~。
イソギンチャクとが必要なのだろうか……。

それを考えると卵胎生メダカは無節操だな~。
タイガー・○ッズか~(笑

それではまた!


ご返事遅れています。ごめんなさい。
訪問も必ずしますので、鶴首してお待ちください(^_^;

プラティ生み過ぎ [アクアリウム]

去年ベビーブームの記事でミッキーマウス・プラティが稚魚を生みそうなことを書きましたが、ただデブッただけでした。

でも今度は本当に生みました。
元気な稚魚を56匹も……
生み過ぎ。
最初は30匹位かな~そんなもんだろうな~と思っていたのですが、水槽を清掃するついでに正確に数えてみたら56匹……

いくらなんでも多すぎだろう!!!
これが全部成魚まで育ったらどうしよう。

実は問題はもう一つあるのです。
プラティの前にグッピーも稚魚を生んでいるのです。
こちらは三回生んだのですが、対処の仕方が不味く、親に稚魚が食べられてしまったのでそれほど数はいません。
一回目は3匹(それ以外は確認できなかったが、三匹は少なすぎるので他の魚に食べられた可能性あり)。
二回目は1匹位(これは親が食べまくり、1匹しか救い出せなかった)。
三回目は8匹(これも親に食われたらしい)。
グッピーの稚魚は全部で12匹います。

両方合わせて68匹!

最初の三匹のグッピーはだいぶ育ってきたので他の熱帯魚がいる水槽に移しましたが、残りの65匹は35cmの水槽で育てています。
まだ小さいから過密には見えないのですが……。

こいつらが全部成魚になったら恐ろしいことになるので、対処方法を考えなければ成りません。

・雄と雌を別々の水槽で飼う
・熱帯魚屋に引き取ってもらう
・誰かにあげる(もちろん、ふえることは伏せておく)

誰かグッピーやプラティをほしい人いませんか~(^_^)


ニモの隠れ家 [アクアリウム]

娘が騒いでいるので良く水槽を見てみると……。
ウミウシ.jpg

ウミウシがいました。
たぶんアメフラシではないと思います。
小さいので存在に気が付きませんでしたが、ライブロックって面白いですね。
ところでウミウシは害になるのだろうか?
ひょっとしたら駆除の対象かもしれません。

次にカニ。
カニ.jpg
いつの間にかサンゴの中に隠れていたの図です。
残念ながら、毛ガニは将来駆除対象ですね。

カクレクマノミが水槽の隅ばかりにいるので、ライブロックで隠れ家を作ってやりました。
レイアウト.jpg
レイアウトに使ったのは100円ショップで売っている園芸用品です。
本来ならばライブロックを複数組み合わせてアーチなどを作るのでしょうが、
そこは発想の転換でカバーしました。
悪くないでしょ?

ハタ坊は狭いところが大好きのようで、カクレクマノミと一緒に隠れています。
隠れ家.jpg

カクレクマノミは3匹いたのですが、1匹が突然☆に成りました。
原因は分かりません。
他の魚達は元気なのですが……。
残念です。

謎の生物 [アクアリウム]

「大変だ! ハタタテハゼが居ない!」

朝になって娘が大騒ぎを始めました。
海水魚水槽を見てみると確かにハタタテハゼが居ません。
ハタタテハゼは大きな魚などに驚くと水槽から飛び出すことがあるそうです。
そこで水槽の周りを隈なく捜索しましたが、見つかりませんでした。
そもそもこの水槽には殆ど隙間が無いので飛び出しにくいし、飛び出した形跡がありません。
塩水なので、飛び散った水が乾燥すると白くなるから分かります。

30分くらい呆然としていると、突如現れました。
隠れる場所はライブロックの影しかないので、たぶん奥のほうに隠れていたのでしょう。
お騒がせな奴……。
でも、可愛いから許します。

ハタタテハゼ.jpg

ところで昨日、ナマコのようなものがライブロックについてきたと書きました。
昨日は水槽のどこに行ったのか分からなくなったので良く観察できませんでしたが、
それがこれです。
021-500.JPG
非常に移動速度が速いので、神出鬼没です。

三本足が足りませんが、どうやらヒトデのようですね。
しばらく観察してみます。
たぶん、残りの足が生えてくると思いますよ。


サンゴ礁? [アクアリウム]

実は先日、ダイビングしてきました。

フレーム・エンゼルフィッシュ.jpg

























うそです。


海水魚用に60cm水槽を導入しました。
60cm水槽.jpg



ついに手を出してしまった……海水魚。

今度のシステム:
  • 60cm水槽(上部フィルター)
  • フレーム・エンゼルフィッシュ 1匹
  • ハタタテハゼ 1匹
  • カクレクマノミ 3匹
  • ライブロック 1個


とにかくフレーム・エンゼルフィッシュは美しいです。
フレーム・エンゼルフィッシュ2.jpg

ハタタテハゼは可愛いです。
可愛いくせに目が怒っている。か~い~。
ハタタテハゼ.jpg

ニモはまだ警戒していて隅っこから出てきません。
ニモ.jpg

一番の驚きはライブロック(約2kg)で、小さいカニやナマコ(?)、そして多数のサンゴが付着してました。
ライブロック.jpg
カニは奥に隠れてしまい、姿を確認できなくなりました。

このライブロックと言うのは死んだ珊瑚の塊で、水槽の水を浄化するバクテリアや微生物がたくさん付着しています。
これを多数組み合わせて海底のイメージをレイアウトし、サンゴを飾れば綺麗なサンゴ水槽の出来上がりと言うわけです。
それは徐々にやってみたいと思ってますので、気長にお待ちください。

そして今までの淡水魚たちは45cm水槽で元気に暮らしています。
45cm水槽.jpg

水草をレイアウトしてみました [アクアリウム]

以前から水草を水槽に入れるかどうか迷ってました。
そもそも35cmの水槽なのに水草を入れたらただでさえ過密な水槽がよりいっそう狭くなってしまう。

でも、GEXのピュアサンドというセラミック系の白い砂を入れたところ、水槽がとても明るくなり、とてもいい感じになりました。
水草はカボンバという有茎水草です。
本当はヘアーグラスなどの背が低いタイプを植えたかったのですが、結構高いんですよね。
それで、水槽に水草の森を作ってみました。
water_grass.JPG


もし稚魚が生まれたら、この森に逃げ込むことができます。
はたしてうまく定着してくれるでしょうか。

前の10件 | - アクアリウム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。