So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
天体観測 ブログトップ
前の10件 | -

かぐや・月の謎に迫る [天体観測]

今夜、8時からNHKで「かぐや」からの映像が放送されます。

続きを読む


セレーネ「月に願いを!」が延長されました [天体観測]

セレーネ「月に願いを!」キャンペーンが延長されました!
期限は2月28日までです。
お忘れの方はお早めに登録してくださいね。



 詳しくは下記のHPを見てください。

◇ プロジェクトのHP
  http://selene.tksc.jaxa.jp/index_j.html
◇ セレーネ「月に願いを!」キャンペーンページ
  http://www.jaxa.jp/pr/event/selene/index_j.html


nice!(13)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

セレーネ「月に願いを!」 [天体観測]

 忘れもしない昨年の2005年11月20日、小惑星「いとかわ」に探査機「はやぶ
さ」はターゲットマーカーを打ち込みました。
 そのターゲットマーカーには88万人の名前が刻まれていたのです。そして88
万人の「星の王子さま」が誕生したということになりました。ちょっと恥ずか
しい…
 もちろん、ターゲットマーカーにはbfieldの家族の名前も刻まれています。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は月周回衛星「SELENE(セレーネ)」で同じよう
なことをやろうとしています。

 と言っても今回は、名前とメッセージをシートに刻んでセレーネに貼り付け
ることのようです。HPをみても、月周回軌道に乗ってからセレーネがどうな
るのか分かりませんでした。でも、申し込む価値があると思いませんか?

 詳しくは下記のHPを見てください。

◇ プロジェクトのHP
  http://selene.tksc.jaxa.jp/index_j.html
◇ セレーネ「月に願いを!」キャンペーンページ
  http://www.jaxa.jp/pr/event/selene/index_j.html

このキャンペーン活動には「NPO法人 日本惑星協会」が協力していて、メー
ルマガジンに登録しておくと、このような情報が早く入手できます。


南の夜空 [天体観測]

 天体写真を載せるときは天体をアップしたものしか載せませんが、知らない人には、それが空の何処にあるか分かりませんよね。
 それではあまりにも不親切なので、昨夜撮影した「NGC253」の位置が分かるようにしてみました。

続きを読む


銀河を旅する [天体観測]

 今夜は久しぶりに天体観測をしました。
 というのも、空気の透明度が良く感じたからです。
下は日没頃の空の写真

続きを読む


月齢9 [天体観測]

 今日は久しぶりの更新です(^_^;
 天気は非常に悪いのですが、月を撮りたくなったので、撮ってみました。

続きを読む


冥王星、昇格! [天体観測]

 bfieldは 「気の毒な冥王星」の記事で、相次ぐ大手新聞社の「冥王星、降格」
という表現に対し、あからさまに嫌悪感を示していました。
 だって、冥王星は冥王星のままですし、格が変るはずありませんよね。

 ところが最近「冥王星、昇格」という記事を見かけました。
 情報ソースが何処だったか忘れてしまったのですが、内容はこんなことです。
「冥王星がエッジワース・カイパーベルトを代表する天体に昇格しました」と
いったものでした。

 この記事を読んだとき、心躍る気分だったのは言うまでもありません。「惑
星の末席にいるよりも、カイパーベルトの代表になったほうが、冥王星も嬉し
いに違いない」

 そう考えたと同時に、自分の頭の固さを感じざるを得ませんでした。「降格」
という言葉で冥王星の「格」を論じる新聞社には腹が立ちましたが、その代わり
にカイパーベルトの代表に「昇格」したという発想、その発想がbfieldには思
いつきませんでした。

 ただ単に、言葉のあやのように聞こえるかもしれませんが、bfieldにとって
は今まで心に引っ掛っていた「冥王星降格事件」に対する踏ん切りがついた
事件でした。

 「冥王星」、カイパーベルトの代表になってよかったね。


中秋の名月 [天体観測]

 天体と暦の関係は複雑です。今年の「中秋の名月」は10月6日でした。「中秋
の名月」といっても満月ではありません。10月7日が満月になります。何れに
せよ、今夜が月を愛でるのに丁度良い天気でしたね。

 それはそうと今回始めて満月を撮りました。「シンチレーション」が悪いの
に、透明度がとても良いため月が明るすぎて、導入するのに困りました。目が
眩みそうだった。

 因みに「シンチレーション」とはジェット気流などの影響で大気が揺れるこ
とです。それと透明度を合わせてシーイングといいます。

 今日は透明度が高いのですが、シンチレーションが悪いので、シーイングが
悪いといってもいいでしょう。

 理屈はともかく10月7日の満月です。

Vixsen R200SS-SXW、エクステンダー1x1.9、D70 RAW
シャッター1/250秒、ISO200、10枚コンポジット、

 大気の揺れがひどかったので、10枚の写真を合成してみました。
とりあえず、これで月を愛でることが出来るでしょう。


球状星団M15への挑戦 [天体観測]

昨夜は珍しく晴れ間が見えたので、久々に天体観測しました。


 三脚をベランダに置き、だいたい北の方角へ向ける。その上に重
い赤道儀を載せる。そして赤道儀の上に反射望遠鏡を取り付ける。
 反射望遠鏡を西へと向け、水平になっていることを確認する。
 最初は20mmのアイピースを使おう。焦点距離の長いアイピースは
見える範囲が広いので、基準星を見つけやすいからだ。

 さて、基準星はどれにしよう。
 まずは明るい星、アルタイルから探そう。そして、マルカブ・ア
ルフェラッツ・フォーマルハウトを見つけ出し、赤道議を調整する。

 今夜の目標は球状星団M15だ。たぶん無理だろうなと思いつつM15
を自動導入する。
 視野には比較的明るい星が幾つか見えた。
 そして、中心から少し離れた場所にぼんやりとした雲のようなも
のが目にはいった。最初はレンヅの汚れかなと思い、望遠鏡の位置
を少し変えてみる。
 すると、その汚れも周りの星達と一緒に動く。
「やった、M15だ!」心の中で叫んだ。
 もっとよく観ようと、アイピースを10mmのものにして再チャレン
ジ。残念ながら汚れが少し大きくなっただけだ。

 M15のような天体が球状星団らしく見えないということは、町田
市の夜がかなり明るいということだろう。しかも30分くらい前まで、
TBSの緑山スタジオの空がとても明るかった。「九の一」か「サス
ケ」をやっていたのかもしれない。

 いずれにせよ、町田市のような明るい夜空で天体観測をしようと
いうのに無理があるのだ。実際、天頂付近しか星が見えない。
 しかし、完全を求めることはないのかもしれない。これは天体観
測という趣味なのだから。


気の毒な冥王星 [天体観測]

2006/8/24:
国際天文学連合(IAU)の決定により、太陽系の惑星は8つということに
なりました。つまり、冥王星が惑星ではなくなったということです。
科学的な分類からすると最善の惑星定義なんだと思います。

何故急に惑星定義を決めたかというと、2005年に冥王星よりも大き
な天体「2003 UB313」がエッジワース・カイパーベルト(EKBO)と呼
ばれる領域で発見されたからです。それに、EKBOの中には見つかっ
ているだけでも1180個もの小天体があります。この団体さんをどう
分類するかが問題なんですね。

心情的には冥王星が惑星であってもかまわないのですが、科学的な
分類としては惑星ではないようです。惑星でなければ何かというと
「Dwarf Planet」という分類らしいです。日本語に約すと矮小天体
かな?そして、冥王星は正式にEKBOの住人ということになりました。

某A新聞では「冥王星が惑星から格下げ」などという見出しを出し
ていましたが、格が下がったのではなく分類が変ったのです。冥王
星に格も三角もありません。こういうバカ新聞には腹が立ちます。

このような考えを持つ人たちは世界中にいるのではないでしょうか。
まったく、冥王星が気の毒に思えてしまうのはぼくだけでないはず。


nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 天体観測 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。